定期自主検査(保守点検)

安心、安全にお使いいただくために

 ホイスト、天井クレーンはクレーン等安全規則により、定期的な点検や検査が義務付けられています。(クレーン等安全規則 第34条、35条、40条)

保守点検は弊社スタッフにお任せ下さい

 天井クレーンは高所に設置されており、3t未満のクレーンの場合、そのほとんどに点検設備が用意されておりません。高所作業は危険が伴います。ぜひ、弊社サービススタッフにお任せ下さい。
 保守点検を怠ると、重度の故障に陥り、修理代金が大幅に膨れる可能性があります。また、故障による生産ラインの停止で、大きな損害にも繋がります。あってはならない重大災害を引き起こす可能性もあるのです。

荷重試験用ウエイトレンタル

 天井クレーンの落成検査、性能検査、定期自主検査(年次点検)等で使用する為のテストウエイトです。積み重ねてもズレない安全設計。玉掛けワイヤーとセットでレンタル致します。

ウエイトレンタルは神奈川県のみのサービスとなります。

クレーン等安全規則

定期自主検査
第34条
事業者は、クレーンを設置した後、一年以内ごとに一回、定期に、当該クレーンについて自主検査を行わなければならない。ただし、一年をこえる期間使用しないクレーンの当該使用しない期間においては、この限りでない。
2 事業者は、前項ただし書のクレーンについては、その使用を再び開始する際に、自主検査を行わなければならない。
3 事業者は、前二項の自主検査においては、荷重試験を行わなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当するクレーンについては、この限りではない。
 一 当該自主検査を行う日前二月以内に第四十条第一項の規定に基づく荷重試験を行ったクレーン又は当該自主検査を行う日後二月以内にクレーン検査証の有効期間が満了するクレーン
定期自主検査
第35条
事業者は、クレーンについて、1月以内ごとに1回、定期に、次の事項について自主検査を行わなければならない。ただし、1月をこえる期間使用しないクレーンの当該使用しない期間においては、この限りではない。
 1 巻過防止装置その他の安全装置、過負荷警報装置その他の警報装置、ブレーキ及びクラッチの異常の有無
 2 ワイヤロープ及びつりチェーンの損傷の有無
 3 フック、クラブバケット等のつり具の損傷の有無
 4 配線、集電装置、配電盤、開閉器及びコントローラーの異常の有無
 5 ケーブルクレーンにあっては、メインロープ、レールロープ及びガイロープを緊結している部分の異常の有無並びにウインチの据付けの状態
2 事業者は、前項ただし書のクレーンについては、その使用を再び開始する際に、同項各号に掲げる事項について自主検査を行なわなければならない。
性能検査
第40条

クレーンに係る法第41条第2項の性能検査(以下「性能検査」という)においては、クレーンの各部分の構造及び機能について点検を行なうほか、荷重試験を行なうものとする。
2 第34条第4項の規定は、前項の荷重試験について準用する。

法 第41条 検査証の有効期間(次項の規定により検査証の有効期間が更新されたときにあつては、当該更新された検査証の有効期間)は、特定機械等の種類に応じて、厚生労働省令で定める期間とする。
2 検査証の有効期間の更新を受けようとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該特定機械等及びこれに係る厚生労働省令で定める事項について、厚生労働大臣の登録を受けた者が行なう性能検査を受けなければならない。